バンコクスワンナプーム国際空港は単一ターミナルとして、すべての場所へ徒歩で移動可能ですが、エリアによって「コンコースA~G」に名称区分されています。

このスワンナプーム空港のプライオリティパスが使用できるラウンジは5箇所6つあり、ほぼ各コンコースにアクセスしやすい場所に点在しています。

louisemap-big

Concourse A – Louis' Tavern CIP First Class Lounge

lounge_a_first

コンコースAにあるラウンジです。
このラウンジがあるコンコースAと言う場所、実はタイ国内線用のコンコースなので、出国エリア内のゲートがあるコンコースからは距離が離れており、結構歩かなければいけません。

P9211256

それゆえ、利用客がそれ程いないのか、とても静かな雰囲気です。

P9211258

ラウンジ内もとても広く、静寂な雰囲気の中ゆっくりとくつろぐには最適の場所です。

ちなみにタイ国内線を利用する人は、このラウンジを利用することはできません。

Concourse A – Louis' Tavern CIP First Class Loungeの詳細はこちら

Concourse C – Louis’ Tavern CIP First Class Lounge

lounge_c_first

タイ国際航空やスターアライアンスグループが使用することが多いコンコースCのラウンジです。
出国審査から搭乗ゲートの通過点にあるので利用しやすく、オシャレな雰囲気が特徴です。

P9211225

ガラス張りのカジュアルな明るいラウンジです。

P9211244

ラウンジ内にはバーカウンターがあります。
リキュール類を注文することができ、お酒を作ってくれます。

利便性が高いところにあり、時間帯によっては雑然としてますが、
多言語を耳にしてると旅をしてる気分になります。
バーカウンター譲とお話しするもの楽しいです。

Concourse C – Louis’ Tavern CIP First Class Loungeの詳細はこちら

Concourse F – Louis’ Tavern CIP Business Class Lounge

lounge_f_business

日本方面だと、日本航空やデルタ航空、アジア・アトランティック・エアラインズが使用することが多いコンコースEの付け根にあるラウンジです。

P6230430

CIPラウンジのホームページでは、「CIP First Class Lounge」と案内されてますが、
実際は「Business」の看板を背負ってます。

P6230443

椅子が所狭しと並べられており、少々圧迫感を感じます。
軽食や飲み物は他のラウンジとほぼ同等のものが置いてあり、Businessラウンジだからと言って、
見劣りするものでありません。

このラウンジ、歩いて30mくらいのところに「CIP First Class (Conc G) Lounge Level 3」があり、
多くの人がそちらに流れるからか、結構空いてます。

搭乗ゲートがコンコースE・F・Gで静かな雰囲気のラウンジを求めるなら、このラウンジが良いかもしれません。

Concourse F – Louis’ Tavern CIP Business Class Loungeの詳細はこちら

Concourse G - Louis' Tavern CIP First Class Lounge Level 3

lounge_g_first

コンコースGの付け根付近にあり、コンコースE・F・Gのゲートを利用する際には便利な場所です。

IMG_20130924_064607

ガラス張りでオープンな感じのラウンジ。
広さはそこそこ大きく、座れなくなるほど混雑することはありません。

FB_IMG_13693157221602735

円状に配置された軽食コーナーがオシャレです。
また各席には床にコンセントが配備されており、席を選ばずに機器の充電が可能です。

日本方面ではコンコースE・Fのゲートを使用することが多い、日本航空・デルタ航空・アジアアトランティックエアラインズなどを利用する場合、便利です。

Concourse G - Louis' Tavern CIP First Class Lounge Level 3の詳細はこちら

Concourse G - Louis' Tavern CIP First Class Lounge Level 4 ・ Business Class Lounge Level 3

lounge_g_business

コンコースGの中ほどにある、メゾネットタイプのラウンジです。
3階はビジネスクラスラウンジ、4階はファーストクラスラウンジとなっていますが、
ラウンジ内部のエスカレーターによって自由に行き来できます。

P7210690

建物内部に建物があり、CIP LOUNGEのロゴが輝いているので、
すぐに見つけることができます。

P7210703

内部はこのように広い上、2階建てとなっているので、混雑することはほとんどありません。
またスワンナプーム国際空港のプライオリティパスが使えるラウンジで唯一、シャワーが完備されています。
受付で断れば、すぐ使うことが可能です。

このラウンジ、コンコースGの中ほどにあり、コンコースE・Fからの搭乗でさえも少々不便です。
ただそれゆえ、このラウンジの利用者はそれほど多くなく、ラウンジの広さもあっていつも空いています。

またシャワーなどもあるので、静寂空間でゆっくり休みたい場合は、とてもお勧めのラウンジです。

Concourse G - Louis' Tavern CIP First Class Lounge Level 4
Business Class Lounge Level 3の詳細はこちら