YANGON(ရန်ကုန်) -SUVARNABHUMI(บางกอก)
ECONOMY Class
17 AUG 2014
Bangkok Air
PG708
A320

ミャンマー・ヤンゴンにあるヤンゴン国際空港は想像以上に近代的です。
現在も都市の近代化と将来の輸送量増加を見越してか、ターミナル拡張工事が行われています。

P8171085
チケットカウンター

P8171084
荷物検査を終え上階の出国審査へ向かう時に観れる壁画。
これ、ヤンゴン市内にあるカンドーヂ湖のレストランですね。

P8171086
出国エリアはお土産屋さんやカフェなど。
ターミナルのスペース自体、それほど大きくありません。

P8171091
駐機中のバンコクエアーA320。こいつに乗ってバンコクへ旅立ちます。


出国エリアからゲートへは、今一度荷物検査があります。
P8171092
こちらはゲートの待合スペース。
たくさんの椅子が並んでます。

P8171095
エプロンに駐機するミャンマー国際航空の飛行機群。

P8171098
空港ターミナルの建物。

P8171100
もう一つ、こんな建物がありました。
かつてのターミナルか、国内線か。

P8171106
離陸でございます。
ヤンゴンは結構市街地化されており、家が結構立ち並んでますね。

IMG_20140817_181151
景色は上々。きれいじゃない。

そうこうしていると、機内食の時間です。
IMG_20140817_180950
ポークと野菜と焼きそば
ニンジンと大根のサラダ
パン
チョコケーキ

さてさて、ちょっと食欲を減退させるような鮮やかな緑色の焼きそば
IMG_20140817_181032
予想外にうまいです。
またポーク。ドロッとした餡はXO醤的中華風味を漂わせますが、一切なし。
全く日本人好み角煮と言った感じです。
またサラダもシャリシャリとしてて、作りたてのよう。
ケーキはバンコク-ヤンゴンと同じだったのでちょっと残念でしたが、
はっきり言って、今までの中で5本指に入る美味さです。
バンコクエアー、やるなぁ!

IMG_20140817_182043
搭乗率は30%くらいだったでしょうか。
キャビンクルーのサービスも上々で、ボトルワイン持ちながら通路を行き来し、勧めてきます。もう頂くしかないでしょう。

IMG_20140817_182155
3-3配置のエコノミークラス。
エンターテイメントは装備されていません。

IMG_20140817_182205
座席背面はこのような感じ。

そんなこんなしてると、いつの間にかバンコクへ到着。
タラップ降機。

P8171110


P8171111
タラップだと間近から飛行機見えるので興奮しますね。