上海浦東空港第1ターミナル制限エリア内にあり、プライオリティパスが使えるラウンジが、

First Class, Business Class Lounge No.37

です。

IMG_20141228_195436

番号の37は、ボーディングゲートの番号に起因しそうな感じがしますが、37ゲートは存在せず全く関係ないみたいです。出国審査を過ぎると、やや左の方にあったような。。。

受付から向かって右がファーストクラスラウンジ、左がビジネスクラスラウンジです。プライオリティパスのウェブサイトでは、First Loungeのみ案内がなされてますが、両方利用できます。
ただ、設備の内容に差はありません。なぜ名前を分けたのか?

PC281753

こちらがビジネスクラスラウンジ。

PC281755

そしてこちらが、ファーストクラスラウンジ。
同じような作りで、黒のソファーがズラッと並んでいます。

フード

両方のラウンジとも、同じ料理・同じ飲み物が並びます。今回は空いてそうなファーストクラスラウンジで食事しました。

ドリンク


BlogPaint

ソフトドリンク類の冷蔵庫

BlogPaint

それが二つほど。

PC281747

比較的コンパクトなコーヒーメーカー

PC281749

リキュールは、全く充実していません。5種類ほどしかなく、スパークリングワインも氷に浸かっていますが、蓋が開いているため炭酸が飛んで、甘い白ワインと化しています。

食事

食事類も、充実しているとは言えない感じでしたが、お腹は満たせます。

PC281748

スナック類。

PC281750

焼きそばと、ひき肉・キャベツ・豆腐のチャンプル

PC281751

青菜チャーハンと、餡かけダレみたいなの。

BlogPaint

サンドイッチと菓子パンもあります。

ネット環境

wifiは無料で提供しており、インターネットができます。

PC281756

なおここでのネット接続は独特で、Android端末での説明となりますが、以下の通りとなります。

  1. 設定よりwifi画面を開き、「spia-vip」を選択、受付でもらった紙に書かれているパスワードを入力。
  2. 画面上部からスワイプして、通知パネルからwifi接続をタップする
  3. するとブラウザが立ち上がり、wifi接続に関するページが表示される
  4. 言語は中国語と英語が選択できるが、そこで国と自分の携帯電話の番号を入力し、情報を送信。
  5. すると自分の携帯のSMSにパスワードが送信されてくる
  6. 先程のページにパスワードを入力すると、インターネットができる。

と言う、ちょっと面倒くさい方法で接続します。
自分の携帯番号を吸い取られちゃうのは気分が良くないのですが、回線を保有していないと接続できないのが痛いですね。

また中国はいろいろと規制が掛かっているのか、FacebookやLineなどのSNSサービスにアクセスできません。ちなみにSkypeはアクセスできました。なんでだろう。Google+にも写真はアップロードできてたと思います。

IMG_20141228_211720

電源は少なく、ところどころ飛び出しているコンセントから拾うしかありません。

さてさてこのラウンジ、出国エリア内に壁で仕切った構造のため、多少ざわつく感じがあります。閉鎖された部屋のように静寂感は希薄ですが、そこまで気になりません。

ただ重厚感に関しては少々物足りなく、セレブリティな感じには浸れません。
また食事や飲み物に関しても、もうちょっと頑張って欲しいですね。食事類が展開されていないと、ワクワク感に欠けます。

清潔感に関して、掃除の方が頻繁に回って、どんどんゴミを片づけてくれます。

そんな訳で、お腹すいたしたくさん食べよっと!

IMG_20141228_200644
IMG_20141228_210420
PC281757