バンコク-チェンライ線は、スワンナプーム空港発着のタイスマイル・バンコクエアウェイズと、国内線を中心とするドンムアン空港発着のタイエアアジア・ノックエア・ウイングスエア・ライオンエア、合計6社がひしめく激戦区です。

基本エアーチケットは最も安いものを選ぶのですが、エアアジアやノックエアは荷物の制限重量が厳しく、10gオーバーしただけで直ちに追加料金が発生するくらい融通が利かないので、利用することはありません。(と言いつつ、次回辺りはちょっと乗ってみたいのですが)

そんなわけで比較的料金もお安く、サービスが良いバンコクエアウェイズが最近のお気に入りです。

  • SUVARNABHUMI(บางกอก)-CHIANG RAI(เมืองเชียงราย)
  • 13:35-14:55
  • ECONOMY Class
  • 14 AUG 2015
  • Bangkok Airways PG233
  • A320

バンコクスワンナプーム国際空港では単一ターミナルであるものの、コンコースA~Gまで場所によってエリア分けされています。

IMG_1040

本日はコンコースB、ゲートB2から。ちなみにバンコクエアウェイズの搭乗者全員が利用できるブティックラウンジがあるコンコースAゲートA2付近からは少々距離があります。

P8142535

カラフルなA320が準備中です。

IMG_1042

搭乗はボーディンゲートから。

IMG_1043

この機体に関わらず、バンコクエアウェイズの機材はオリジナルカラーリングが多いですね。塗装にお金かかるだろうに。

IMG_1044

ハッチの側面には刻印が。極めて見にくいのですが、2005年製造みたいです。

機内食

IMG_1047

バンコクエアウェイズは国内線であろうと、結構しっかり目の機内食が提供されます。

IMG_1048
メニュー
  • チキンのから揚げ
  • キャロット・キャベツ
  • ご飯
  • ピスタチオババロア

まあそれほど豪華でありませんね。チキンはタイっぽい味付け(わかる人にはわかる)になっており、ケンタッキーフライドチキンを想像するとガッカリします。あと野菜類って味がないんですよね。なんか辛目のタレとか付けてくれればいいのに。

デザートのババロアは甘すぎず適度な砂糖の量とは思いますが、口に含むと何か水分を吸収されるような感じで、お供に飲み物が必要です。ちなみにアルコール類は無償提供されません。
と言うかスワンナプーム空港のラウンジでお菓子食べすぎて、何とか機内食食べきった感じでした。

1時間強でチェンライ国際空港へ到着。

IMG_1053

バンコクエアウェイズ、そろそろ国内線でもアルコール提供始めてくれないかなぁ~