国内線でも機内食が提供するなどハード面で充実したサービスを提供するバンコクエアウェイズですが、なんとエコノミークラスであろうと国内線・国際線関わらず、すべてのパッセンジャーが利用できるラウンジがスワンナプーム国際空港にあります。それがバンコクエアウェイズ・ブティックラウンジ!

IMG_1024

もちろんバンコクエアウェイズのパッセンジャーに限りです。

まずカウンターで荷物を預ける際特にラウンジに関する説明は受けないのですが、ペーパーでの案内があります。

IMG_1022

国内線はゲートA2の反対側でしょうか、国際線もコンコースAの3階にあるようです。今回は国内線を利用。

IMG_1039

ラウンジに入ると、早速バンコクエアウェイズの飛行機キャラが出迎えてくれます。

設備

ラウンジに入室するには搭乗券が必要です。受付で搭乗券を提示するとすぐ右にはキッズスペース

IMG_1038

ラウンジにキッズスペースはもしかすると初めて見たかもしれませんが、パッセンジャー目線でグッドです。もはや落ち着いた雰囲気を醸し出すわけでなく、休憩室との位置づけかもしれません。

IMG_1030

その雰囲気は一般座席にも共通でにぎやかな感じです。ラウンジにおける静けさはもはやありません。

IMG_1036

コンセントがあちらこちらに。フリーwifiも使えます。

食事

ラウンジを掲げるだけあって、ちゃんと食事もあります。

飲み物

IMG_1027

コーヒーに、

IMG_1028

オレンジジュースに、

IMG_1029

冷たい飲み物。いろいろな種類があります。ただアルコールがないのが酒飲み目線からマイナス点。

食べ物

日本のカードラウンジだと飲み物だけしか置いていないことが多いと思いますが、タイは羽振りがいいですね。

IMG_1025

食べ物系は軽食が中心においてありますが、お腹いっぱいにしようと思えばできそうです。

IMG_1026

映画館にいくと見れるようなポップコーンの機械もあります。

IMG_1031

とりあえず、置いてあったもの一通り。

IMG_1034

ちまきを食べてみましょうか。

IMG_1035

あずきが見えるので甘いのかなぁ~と思ったけど、中は良くわからないものが入ってます。

IMG_1037

さて率直な感想ですが、まあラウンジ自体はざわついた感じで落ち着いて休める空間ではないですが、特別な料金がかからずこのような場所を利用できるのは素晴らしい事でしょう。ましてや軽食やフリードリンクが用意されていて文句はありません。